JSecurity(崎山秀文代表取締役)は、テレワーク向けクラウドサービス「JSecurity Web Service(JWS)for テレワーク」の販売を6月1日に開始した。

JSecurity Web Service for テレワーク

 JWS for テレワークは、テレワークの課題となるコミュニケーションの不安を取り除き、早期に安全なセキュリティ環境を提供するクラウドサービス。オンラインストレージ、ビジネスチャット、ビデオ会議システムを一つのパッケージとした。セキュリティ面や管理面にも十分考慮しており、安心安全に利用できる。また、円滑なコミュニケーションをサポートし、業務の生産性を向上することができる。

 自宅にインターネット環境さえあれば、機器などの設置は不要。申し込みから、最短5日間でテレワークに必要な環境を用意することができる。直観でわかる簡単なUIにより、PCに慣れていない人でも容易に操作可能。社外にいても、ファイルの閲覧・保存や、チャットで簡単に情報共有することができる。

 テレワークの実現のために、必要な容量・必要な期間を利用できる。月額制のため、翌月から容量を増やすことも可能。また、専用のIDとPassword により、限られた社員のみのアクセスや、外部へのファイル交換もセキュアな状態で提供できる。エンドポイントセキュリティも一緒にまとめて購入できる。

 税別価格は、50GBプランが月額4万5000円、100GBプランが月額4万9000円、150GBプランが月額5万3000円。専用オプションの完全クラウド型エンドポイントセキュリティ「Exosphere Endpoint Protection Pro」は、10ユーザー月額3000円、25ユーザー月額7500円、50ユーザー1万2000円。