システム運用自動化サービス「Kompiraシリーズ」を提供するフィックスポイントは、新型コロナウイルスの感染が拡大していた昨年4月、「オペレーションセンター出社ゼロ構想」を発表しました

 同社の三角正樹代表取締役によると、昨年4月から出社ゼロを実現するためのツールを段階的にリリースし、この春を予定する「セキュアリモートアクセス」の提供をもって、「出社ゼロ構想が完成する」とのこと。24時間体制でシステムを監視するオペレーションセンターは基本、出社が前提の仕事でしたが、現在も続くコロナ禍でリモートワークが推奨されています。今後、オペレーションセンタースタッフの働き方が変わっていくかもしれません。(前田幸慧)

【記事はこちら】
<イッポまえだのよろしくスタートアップ セカンドシーズン>(53)フィックスポイント システム運用の自動化で「出社ゼロ」へ