新年度を迎え、各企業のトップが交代しています。そのうちの1社が富士通クライアントコンピューティング(FCCL)です。

 4月1日付で新社長に就任したのは、Lenovo PCSDアジアパシフィックSMBセグメント担当エグゼクティブディレクターを務めた大隈健史氏です。

 一方、富士通出身で、2016年からFCCLのかじ取りをしてきた齋藤邦彰氏は、同日付で会長に就任しました。

 同日の記者会見では、大隈社長が「アグレッシブにお客様に貢献していきたい」と抱負を語り、齋藤会長が「自信満々のバトンタッチ」と話しました。(齋藤秀平)

【記事はこちら】
富士通クライアントコンピューティング 新社長の大隈氏が就任会見「アグレッシブにお客様に貢献する」