各ITベンダーに取材すると、製品やサービスの導入はまず都市部から着手し、成功事例を全国に広げていくという戦略をよく聞きます。

 企業の数などを考えると、こうした戦略は当然といえます。しかし、地方では人材不足などが課題となり、都市部と同じようにはいかないという意見もあります。

 福島県会津若松市の企業などでつくる会津産業ネットワークフォーラム(ANF)とアクセンチュア、SAPジャパンの3者は4月9日、中小製造企業向けのSaaS型デジタルICT共通プラットフォーム「コネクテッド マニファクチャリング エンタープライゼス(CMEs)」を構築し、提供を開始しました。

 CMEsを利用することで25%の生産性向上が見込めるといい、3者は同市での実績を基に全国への普及を目指す方針です。地方の現場発の試みが全国に広がるか、今後の展開に注目です。(齋藤秀平)

【記事はこちら】
ANF、アクセンチュア、SAPジャパン 中小製造企業向けICT共通プラットフォームを提供 非競争領域の共有化で、生産性を25%向上へ