NECは、「マルチライタ」シリーズにおいて、A3対応モノクロレーザープリンタ「マルチライタ8450N」など4機種を12月15日に発売した。2010年1月20日から出荷開始する。

 新製品は、基幹業務での大量印刷に対応するため、4機種すべてで従来機種に比べて装置寿命を1.2倍から2倍向上し、120万ページの耐久性を実現。あわせて、エンジンの印刷処理速度を低下させることなく1200dpi×1200dpiの高画質印刷を可能とした。また、用紙カセットのガタつきを抑えるなど給紙構造を改善しており、罫線があらかじめ印刷された帳票などにもきれいに印字できる。

 NEC独自のプリンタ言語「NPDL Level2」に対応したほか、NECの基幹業務システム向けソフトウェアとの接続検証を実施し、既存ユーザーの置き換えニーズにも対応。さらに、「マルチライタ2360N」「マルチライタ2860N」などで採用していた独自の給紙方法(MPカセット)との互換性を確保するため、標準ホッパを擬似的にMPカセットとして利用できる機能を新たに搭載した。

 なお、毎分35.1ページの印刷が可能な上位機種「マルチライタ8450N」では、増設ホッパ(250枚)1段分を組み合わせて提供するセットモデル「マルチライタ8450NW」を新たにラインアップ。また、「マルチライタ8250N」「マルチライタ8250」では、従来機種に比べ印刷速度を毎分26.5ページから毎分30.5ページに高速化している。

 税別価格は、「マルチライタ8450N」が14万8000円、「マルチライタ8450NW」が17万8000円、「マルチライタ8250N」が11万8000円、「マルチライタ8250」が8万9800円。同社では、今後1年間で4機種合計8万台の販売を目標にしている。

マルチライタ8450N(左)とマルチライタ8450NW(右)