シャープ(片山幹雄社長)は、ネットワークサービスとそれに最適化した端末を提供するクラウドメディア事業「GALAPAGOS(ガラパゴス)」を開始。第1弾として、電子ブックストアサービスを12月からスタートし、同時に専用のメディアタブレット2機種を発売する。

専用のメディアタブレット

 「GALAPAGOS」は、継続してユーザーの満足度を高める「商品・サービスの進化」、異業種を含めたアライアンスを積極的に組んで変化の激しい市場のニーズに応える「ビジネスモデルの進化」、世界各地のライフスタイルに合ったサービスを提供する「環境適合力の進化」をコンセプトに掲げる。

 第1弾として12月にスタートする電子ブックストアサービスは、当初は新聞、雑誌、書籍など約3万冊を提供。「自動定期配信サービス」で、定期購読の申し込みをすれば、あらかじめ設定した時間帯に新聞や雑誌などのコンテンツが専用端末に届くので、いつでも最新版を楽しめる。また、おすすめの電子書籍コンテンツの無料体験版を自動で配信。試し読みをして気に入ったものはすぐに購入できる。

 縦書き表示、ルビなどの日本語特有の表現に対応する電子書籍フォーマットXMDFに対応。従来の一般的なモバイル機器で表示を拡大した場合、読みたい文章の続きが画面から外れ、上下にスクロールする必要があったが、XMDF形式のコンテンツでは、見出しやイメージ画像などのレイアウトは変えないまま、文字サイズだけを読みやすく変更し、画面をタッチして次の文章を表示できる。

 専用端末のソフトを定期的にアップデートすることで、XMDF形式以外にHTML、PDF、ePUBなどの書籍フォーマットに対応する予定。

 専用のメディアタブレットは、通信機能は無線LAN IEEE802.11b/gに対応。ダウンロードしたコンテンツは本体に保存して、通信環境のない場所でも楽しめる。新着や読みかけのコンテンツは、「未読・おすすめ」「最近読んだ本」「お気に入り」「定期購読」に分類して整理できる。ウェブブラウザを搭載し、PC向けのサイトも鮮明に表示する。

 解像度1024×600ドットの5.5型液晶を搭載するモバイルタイプと、解像度1366×800ドットの10.8型液晶を搭載するホームタイプを用意。モバイルタイプはトラックボールを備え、ボールを指で回転してPCのマウスのように操作できるので、片手でページ送りができる。モバイルタイプはレッド系とシルバー系、ホームタイプはブラック系をラインアップする。 

メディアタブレットは、10.8型のホームタイプと5.5型のモバイルタイプをラインアップ

 端末とコンテンツの価格や詳細は後日発表予定。シャープでは、欧米など海外でもサービスの展開を検討しているほか、2011年の早い段階に、国内で専用メディアタブレットを100万台販売することを目標とする。また、「GALAPAGOS」の第2弾として、11年の春頃、映画やゲーム、音楽などのコンテンツも配信していきたいとしている。

 発表会で執行役員 情報通信事業統轄の大畠昌巳氏は、「今、ユーザーは、自分に合った情報をいつでもどこでも簡単な操作で入手できる体験を求めている。当社は、クラウド事業『GALAPAGOS』を立ち上げ、日本ならではのきめ細やかなサービスで、『オンリーワン体験』を創出していきたい」と意気込みを語った。