マイクロソフトは6月、ISV(独立系ソフトウェアベンダー)向け支援の新たな「ISV・ロイヤルティ・ライセンス・プログラム(IRLP)」を開始。旧IRLPに比べ売上目標金額を大幅に引き下げるなど、より多くのISVパートナーが参加できる制度に見直した。「大幅に敷居を下げソフト流通を共同で強化する制度」と話す宗像淳・業務執行役員ビジネスパートナー営業本部本部長に聞いた。