ソフトウェアの価格決定メカニズムの確立手法が問われるなかで、NTTデータが今年7月から全国でスタートする月額利用料40円のASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)サービスの衝撃が広がっている。