その他

大手SI、OSS事業に一段と熱! NECは「中小」、ユニシスは「大」狙う

2007/04/02 21:10

週刊BCN 2007年04月02日vol.1181掲載

 国内の大手SIベンダーがオープンソースソフトウェア(OSS)関連の事業を拡大している。NECは米スパイクソース社と共同で、SMB(中堅中小企業)にOSS環境の提供を加速。既存パートナーのSIerやISVなどと展開する「量販モデル」の構築を急ぐ。日本ユニシスは大企業向けのミッションクリティカルな環境にOSSとJavaを利用したシステム構築・保守事業を本格的に開始。UNIX環境の代替システムなどとして、金融や流通業などへの浸透を目指す。ここにきて、OSS環境の導入に足かせだったサポート不足や運用面の問題点などが急速に解消。両社の取り組みで、大規模から小規模までOSS環境が普及しそうだ。(谷畑良胤(本紙副編集長)●取材/文)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

コンソーシアム発足でOSSビジネス拡大へ

おすすめ記事