その他

<仮想化は「ビジネスチャンス」か? 国内の最新動向を追う>第5回 エキスパート育成に集中研修を実施

2007/04/23 14:53

週刊BCN 2007年04月23日vol.1184掲載

 大手SIerの大塚商会が仮想化ビジネスへ本格的に乗り出した。この4月から仮想化ビジネスの集中研修を実施。サーバーやパソコンの販売ではSIerのなかでもトップクラスのボリュームを誇っている。ここへ来て「サーバーの統合化という流れのなかで仮想化需要が急速に高まってきたことから、販売体制を強化する」と、同社では今後の展開を語る。(安藤章司●取材/文)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

<仮想化は「ビジネスチャンス」か? 国内の最新動向を追う>第1回 プロローグ

おすすめ記事