大手SIerの大塚商会が仮想化ビジネスへ本格的に乗り出した。この4月から仮想化ビジネスの集中研修を実施。サーバーやパソコンの販売ではSIerのなかでもトップクラスのボリュームを誇っている。ここへ来て「サーバーの統合化という流れのなかで仮想化需要が急速に高まってきたことから、販売体制を強化する」と、同社では今後の展開を語る。(安藤章司●取材/文)