ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)では、UC(ユニファイドコミュニケーション)関連事業が好調に推移している。現段階でユーザー企業数は大企業を中心に40社程度。売上規模は40~50億円に達している。不況をきっかけとする業務改善の一環として導入ニーズが高まっているのが好調の要因。今後は、ユーザー企業のすそ野が広がると判断しており、さまざまな切り口で案件獲得に力を注ぐ。売上規模については、近い将来に現状の2~3倍に引き上げる方針だ。