「ハード」より「ソフト」——。NECの矢野薫社長は2009年度中間決算で、こう明言した。これは、半導体事業の切り離しを決断した内部事情や、クラウド・コンピューティング時代が到来しつつある市場環境などから出た言葉といえるが、国産大手の総合ITメーカーとしてのあるべき姿が問われる言葉とも受け取れる。