景気後退の影響で、“コスト削減ソリューション”が人気を集めている。仮想化技術の活用によるサーバー統合や、ウェブ会議システムがその代表例だが、この流れに乗ってジワジワと存在感を示す機器がある。それがスキャナだ。企業内に点在する文書をデータ化して保存する仕組みを構築することで、コストを削減できるほか、電子化することで迅速に必要な文書を探し出せることが生産性向上につながると評価されている。いま、スキャナを活用した電子文書ソリューションが受け入れられ始めている。