日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は9月9日、iPadから文書管理システム「ラビニティOne」にアクセスするオプション製品「ラビニティ One iPad連携オプション」を10月29日に発売すると発表した。価格は15万7500円から。これにともない、iPadを利用して、どこからでも社内文書へのセキュアなアクセスを実現する文書管理ソリューションを提供する。

 今回、「ラビニティ One」がiPadに対応することで、登録した商品カタログや説明資料などの最新情報を素早く検索して提示したり、iPadならではの直感的な操作によって、パソコン操作が不慣れなユーザーでも紙の資料を読むような感覚で、自由に資料を参照できるようになった。また、iPadからはクライアントソフトを通して、サーバー上の文書を参照するため、資料の紛失や情報漏えいを防ぐことができる。

 同社では、iPadと「ラビニティOne」を連携したソリューションにより、迅速な資料提供が不可欠となる窓口業務や訪問営業、マニュアルなど膨大な資料を扱う保守業務などにおいて、業務効率の向上を支援する。