その他

<Industry Chart 業界の今を俯瞰する>アンチウイルスソフト 市場は成熟、価格勝負の様相に 主要メーカーのチャネルは類似

2010/10/28 14:53

週刊BCN 2010年10月25日vol.1355掲載

 ユーザー企業の業種業態や年商規模を問わず、必要不可欠なソフトとして確固たる地位を築いたアンチウイルスソフト。しかしながら、ユーザーがこの汎用ソフトを導入するのはもはや当たり前となっており、市場の成熟とともに成長率は鈍化している。その一方で、メーカーのシェア争いに際立った動きはなく、動きの少ない業界ともいえる。今後の市場規模を予測し、メーカーの勢力やチャネル構造など、多角的な視点で業界の様相を俯瞰する。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

セキュリティソフト4社 一段と競争激化 キーワードはクラウドとマーケティング強化

セキュリティメーカーに要望す! 販社が欲する支援とは

<特別企画>着実に成長する「メールセキュリティ」市場

<ICT業界トップが展望 2008年の業界天気図>【セキュリティ】追い風うけて需要は拡大

カスペルスキーラブス 最高経営責任者、市場戦略を語る 法人向けセキュリティ市場に本腰

おすすめ記事