その他

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>エポック社 グローバルSCMを3か月で構築 「出荷可能在庫量計算」の把握を重視

2011/01/13 21:07

週刊BCN 2011年01月10日vol.1365掲載

 2009年、エポック社は、グループ内の製品検査会社だった中国のエポックトイズを、仕入先を一元化する購買窓口企業にすることに決めた。同社は、サプライチェーンマネジメント(SCM)における受注手配製品「φ-Conductor OF」をほぼノンカスタマイズで導入。エポックトイズから中国の直営工場および委託工場、日本の物流拠点を結ぶグローバルSCMをわずか3か月で構築し、10年1月に稼働させた。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

動き出したグローバルSCM~ITベンダーの戦略に迫る

<特別企画>OKIデータ 世界同時に「SCM改革」を断行