その他

<Industry Chart 業界の今を俯瞰する>在宅勤務ソリューション 震災・停電で再び注目 モバイルデバイス、仮想化急成長か

2011/04/14 14:53

週刊BCN 2011年04月11日vol.1378掲載

 東日本大震災と計画停電の影響で、在宅勤務体制を敷くためのIT製品・サービスが注目を集めている。首都圏の計画停電は長期にわたって実施される見込みで、今夏は多くの企業が本社を置く東京都23区でも実施される可能性がある。会社に行かなくても、オフィスと同等の環境を自宅でいかに整えるかが、ユーザー企業にとっては喫緊の課題になった。在宅勤務に必要な主なITソリューションの市場展望を俯瞰する。(文/木村剛士)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

リモートアクセスの需要 パンデミックで伸びる?

大塚商会と日立ビジネス、自社構築型の在宅勤務支援ソリューション

【震災関連情報】サイボウズ、復興支援の情報共有をサポートするサービスを無償提供

東日本大震災 一日も早い復興のために IT企業の支援始まる

大震災関連のIT業界の動きを一覧できます