その他

リモートアクセスの需要 パンデミックで伸びる?

2009/12/10 14:53

週刊BCN 2009年12月07日vol.1312掲載

 新型インフルエンザの再びの流行で、パンデミック対策に関連したリモートアクセスソリューションのリリースが盛んになっている。パンデミック対策用途を一つの切り口として提案しているというが、それだけではなく、在宅や外出先、支店、取引先などさまざまな拠点と中央のアプリケーションを結ぶことにより、競争力を高められることから、ニーズが高いようだ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

新たな脅威に対策せよ! 盛り上がる「パンデミック対策」

Fsol、低価格・短期間で持出しPCからの情報漏えいを防止するサービス

大塚商会、携帯電話を利用したパンデミック対応のASP型認証サービス