日本IBM(橋本孝之社長)は、バックアップ・ソフトウェア製品「IBM Fast Back Center(IBM FastBack)」を国内中堅企業市場に拡大するために、同社の付加価値ディストリビュータ(VAD)経由で2次店に波及を目指す実質半額キャンペーンを実施中だ。「IBM FastBack」は、世界のバックアップ市場ではシマンテックに次ぐシェア2位に位置している。だが、国内では10%弱と競合他社の後塵を拝していることもあって、ここで一気に市場獲得を狙う。ディスク・バックアップに特化した同製品が、どこまで上位に食い込めるかが注目される。(取材・文/谷畑良胤)