その他

企業の海外進出に対応が不十分なSIer 警鐘を鳴らす『IT人材白書2011』

2011/05/26 14:53

週刊BCN 2011年05月23日vol.1383掲載

 アジアの著しい経済成長に刺激されて、日本企業の海外進出が加速している。2010年は、日本企業のグローバル化元年ともいわれる。製造業をはじめとする日本企業が海外で事業展開するということは、彼らのITインフラを構築・サポートする日本のシステムインテグレータ(SIer)にもビジネスチャンスが生まれることになるわけだ。さらに、日系企業だけでなく、各国の地場企業も成長に伴ってIT需要が高まっている。海外は、日本のSIerが開拓すべき巨大マーケットになりつつあるのだ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

IPA、「IT人材白書2011」の概要を発表、「グローバル化は不安要因」

調査で分かったIT人材の実態 「IT業界は3Kではなかった!」

ノークリサーチ、SMBの海外進出状況を調査、年商50億円未満でも1割が進出

おすすめ記事