電話やメール、ビデオ会議など、さまざまなコミュニケーション手段を統合するユニファイドコミュニケーション。国内のUC市場は、米国に比べて浸透が遅れているといわれるものの、ようやく伸びはじめたところだ。2008年から、UCのさらなる普及を目指して、ベンダー間の連携が加速している。今後、スマートフォンの普及や節電対策などとして在宅勤務ソリューションの需要拡大が、市場に刺激を与えている。(文/ゼンフ ミシャ)