内田洋行のITソリューション東西地域会社のビジネスモデルが明らかになってきた。独自に開発した業種業務特化型アプリケーションソフトを主軸として地域でニッチトップを狙う。向こう3年で東西地域会社合わせて100億円規模の年商を目指す。ライバル他社にないオリジナルの業務アプリを前面に押し出すことで差別化を図り、収益力を高める考えだ。