キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)グループでITソリューション事業を手がけるキヤノンMJアイティグループホールディングス(キヤノンMJ-ITHD、浅田和則社長)が、クラウドサービスで勝負を賭ける。今年10月、首都圏に開業予定の2300ラック相当規模の同社初となる第3世代データセンター(DC)を軸にサービス型事業の拡大を図り、SIerとしての競争力や収益力を格段に高める構えだ。しかし、大型DCの運営経験がライバルSIerに比べて不足しているという課題が行く手に横たわる。こうしたハンディを克服し、独自のビジネスモデルを打ち立てられるかどうかで成否が決まる。(安藤章司)