その他

起業ブームがもたらすIT業界へのインパクト SAPにみる新たな協業の可能性

2012/09/20 21:03

週刊BCN 2012年09月17日vol.1448掲載

 ITベンチャー企業の起業がブームとなっている。クラウド・コンピューティング環境を用いて、モバイルやソーシャルなどの最新トレンドを取り込んで開発したサービスが次々と生まれている。一見、クラウド環境の下で生まれたITベンチャーの文化は、従来のITベンダーのそれとは相容れないようにみえる。だが、一部のITベンダーは新しい文化を育むITベンチャーとの距離を急速に縮めつつある。さまざまな方法で支援プログラムを組んでいるのだ。現在の起業ブームは、10年ほど前に起きたブームとは大きく異なる。既存のIT業界にインパクトを与える可能性を秘めているからだ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

2012年の有望ITベンチャー どこがどう違うのか

<ITベンチャー新時代の鼓動>第1回 クラウドが巻き起こす変化 スタートアップ企業が続々誕生

SAPジャパン、2012年上半期は2ケタ成長、下半期の戦略とあわせて発表

外部リンク

SAPジャパン=http://www.sap.com/japan/index.epx