その他

地方のITベンダーが生き抜く道 ニアショア開発で巻き返し狙う

2012/10/18 21:03

週刊BCN 2012年10月15日vol.1452掲載

 北海道に本社を置く複数のソフト開発会社は、「北海道ニアショア開発推進協会(仮称)」を共同で新設する。協会の活動の狙いは、首都圏の大手ITベンダーがアウトソーシングする開発プロジェクトを、北海道のソフト会社が獲得しやすくすることにある。大手ITベンダーは、ここ10年、開発プロジェクトの一部を人件費が安い海外のソフト会社に外注(オフショア開発)する傾向にある。一方で、思惑通りに開発コストを削減することができないとか、カントリーリスクを回避したいと考える大手ITベンダーも存在する。北海道のソフト会社は、大手ITベンダーが地方のソフト会社に外注(ニアショア開発)する案件が増えていることを実感しており、新団体を通じて、北海道をニアショア開発地区としてアピールする。(木村剛士)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

鳥取県でIT集積地構想 「バンガロール」の再現へ

全国地域情報産業団体連合会(ANIA) 会長 中村真規

首都圏コンピュータ技術者 社長 齋藤光仁

さっぽろ産業振興財団 北海道のIT業界に活力を与える「Java Festa in 札幌 2012」

ダイワボウ情報システムの「DISわぁるど in 北海道」開幕、デルやアップルなど大手ITメーカーが初出展