SIerが海外に拠点を構えるにあたっては、原則としてその地域で社員を養えるほどの仕事があることが前提になる。システム構築(SI)を本業とするSIerだが、SIビジネスの特性上、見ず知らずの土地ですぐにSI案件が獲得できる可能性は低い。足がかりとなるのはグループ親会社や既存顧客で、これら顧客の進出先で最も多いのが中国/ASEAN地域だ。