その他

<IT業界の死角 窮地脱出の処方箋>【シリーズ1 ISV】第36回 将来はOSSで自動運転のクルマをつくる

2013/07/04 21:03

週刊BCN 2013年07月01日vol.1487掲載

 旧サン・マイクロシステムズが「SunWorld」で初めて「Java」を公開したのが1995年5月23日。オープンソースソフトウェア(OSS)の開発と利用を軸に事業展開するサイオステクノロジーの創業日(最初の社名はテンアートニ)は、これと同じ日だ。OSSを扱うITベンダーとして、オープンソースの普及にも積極的で、日本にある各種OSSのファウンデーションに参画している。OSSのエンタープライズ(法人向け)ビジネスは、ようやく日の目をみた。今は、先行者利益を得る段階で、数多の仕掛けが効き始めている。(取材・文/谷畑良胤)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

<IT業界の死角 窮地脱出の処方箋>【シリーズ1 ISV】第35回 目標はサービスで100万IDの獲得

<IT業界の死角 窮地脱出の処方箋>【シリーズ1 ISV】第34回 学習意欲の高まりに安価なサービスで応える

<IT業界の死角 窮地脱出の処方箋>【シリーズ1 ISV】第33回 「選択と集中」の仕方が成否を分ける

サイオス、Windows Azureに対応したOSSサポートサービスを開始

<サイオステクノロジー特集>成長を続ける「LifeKeeper」 クラウドサービスとの連携も追求

外部リンク

サイオステクノロジー=http://www.sios.com/