その他

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>フルターンキーで発電所を発注 採算を合わせるための「計算式はある」

2014/04/03 21:02

週刊BCN 2014年03月31日vol.1524掲載

 総合建設会社の日本国土開発は、太陽光発電所「アンビックスソーラー富里」を今年1月、千葉県富里市に竣工した。このプロジェクトを立ち上げるにあたって、最も大きな課題となったのは、12~13%という太陽光発電所の低い稼働率を前提として、どう採算を合わせていくのかだった。このカギを握っていたのが社会インフラ事業に力を入れている日立システムズで、「採算が合う計算式は手元にある」と日本国土開発に熱烈にアピールした。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

日本国土開発と日立システムズ、千葉県富里市の太陽光発電施設で発電事業を開始

電力の自由化でIT特需 競争激化はベンダーの商機を生む

日立システムズ、「社会インフラ事業グループ」を新設

<営業マネージャーたちの最前線 陣頭指揮で部下を動かす>24.部下の案件に「入り込む」

【2014年 年頭所感】 日立システムズ

外部リンク

日立システムズ=http://www.hitachi-systems.com/