日立システムズ(高橋直也社長)は、交通分野、防災・防犯分野、電力・ガス・水道のエネルギー分野など、社会インフラ事業の拡大を図るために、4月1日付で「社会インフラ事業グループ」を設置する。

 「社会インフラ事業グループ」は、従業員約500人、売上高約200億円規模の組織としてスタート。今後、交通社会ソリューション、防災・防犯ソリューション、エネルギーソリューションなどを提供し、日立グループのサービス事業を拡大する。