レノボ(楊元慶CEO)による米IBMのx86サーバー事業の買収は、IT業界に大きな衝撃を与えた。買収金額は約23億ドル(約2345億円)。米ラーレイや上海、深セン、台北など、IBMの主要拠点に在籍する約7500人の従業員は、レノボに移籍する。同日、レノボは中国の「マスターカードセンター」で、2014年の新春イベントを開催し、楊CEOは、買収の背景や狙いを語った。中国メディアの記者との質疑応答の内容を抜粋して紹介する。(取材・文/中国IT専門メディア「SP/計算機産品与流通」編集部  翻訳・再編集/『週刊BCN』編集部)