IBMの「SoftLayer 東京データセンター」が稼働を開始した。SoftLayerの国内データセンター(DC)を心待ちにしていたベンダーやユーザーが多いなか、その日を複雑な心境で迎えたのが古くからのIBMビジネスパートナーだ。伝統的なIBM販社は、IBM i(旧OS/400)やUNIX系のAIXなどのIBM独自OSを搭載するIBM Power Systemsを活用したシステム構築を最大の強みとしている。そのため、こうしたプラットフォームへの対応が遅れているSoftLayerでは、自分たちの強みを生かし切ることができない。一方で、SoftLayer販売にいち早く名乗りを上げたのは“伝統的なIBM販社”ではない大手SIerだった。(安藤章司)