【サンフランシスコ発】米オラクルのクラウド戦略が大きな転換点を迎えている。同社は9月16日から19日までの4日間にわたって米サンフランシスコで年次イベント「Oracle OpenWorld(OOW) 2019」を開催。創業者で現在も同社の総帥であるラリー・エリソン会長兼CTOの基調講演では、従来のように垂直統合的なクラウド戦略に固執するのではなく、他ベンダーとの水平連携によるエコシステム構築に本格的に舵を切る方針であることが浮き彫りになった。オラクルが組む相手は、米マイクロソフト、そして米ヴイエムウェアだ。(本多和幸)