日本マイクロソフトは2月25日、客先に設置できるハイパーコンバージドインフラ(HCI)「Azure Stack HCI」を刷新した。ハイブリッドクラウド管理の「Azure Arc」を統合し、サブスクリプション形式で販売。従来のWindows ServerベースのHCIではなく、パブリッククラウドのAzureサービスの一つとして位置づけ、コンテナ型アプリケーション管理基盤「Azure Kubernetes Service」の稼働もサポートした。

日本マイクロソフト 上原正太郎 業務執行役員

 日本マイクロソフトの上原正太郎・業務執行役員Azureビジネス本部本部長は「どれだけクラウドサービスが普及してもオンプレミス需要はなくならないというのがこの10年の流れだった」と、IT基盤を手元に置く需要が今後も続くと見る。新しいAzure Stack HCIではユーザー企業のそうした需要に応えるサービスとして、客先に設置したHCIやIoTなどのエッジ領域、マルチクラウドを統合的に使うことを重視した。
 
JBCC 大島貴幸 事業部長理事

 主要サーバーメーカー6社が新しいAzure Stack HCIへの対応を表明するとともに、導入支援の早期パートナーとしてJBCCと日本ビジネスシステムズ、日商エレクトロニクスの3社が名を連ねた。JBCCの大島貴幸・ソリューション事業PFS事業部事業部長理事は、「古い業務アプリケーションのコンテナ化を後押しし、ユーザー企業のハイブリッドクラウド環境への適応を推進していく」と、今回のAzure Stack HCIの登場を機にハイブリッドクラウド関連ビジネスを一段と活性化させると話した。(安藤章司)