国際会計事務所グループのEYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)は、データ分析を起点としたITソリューション事業の拡大や、アジャイル方式によるソフト開発に力を入れている。顧客企業のデジタル技術を活用した経営革新やデジタル・トランスフォーメーション(DX)の領域に狙いを定めてビジネスを展開し、昨年度(2021年6月期)から国内でのITソリューション事業の本格的な拡大期に入った。今年10月には旺盛なソフト開発の需要に応えるため、先進デジタル技術やDXにほぼ特化したソフト開発の拠点を福岡に新設している。

 国内では大手SIerや外資系のアクセンチュア、IBMなど競合ベンダーが勢力を保っている。それでも後発で参入してビジネスを伸ばす余地があると判断した理由について、田畑紀和・テクノロジーコンサルティングリーダーは「既存の請負型のIT導入支援や人材提供型のビジネスだけでは、顧客の要望に十分応えられない」点を挙げる。とりわけデータを起点としたビジネスモデルの抜本的な変革や、それを支えるアジャイル式のソフト開発は需要に供給が十分に応えられていないと見ている。
 
田畑紀和 リーダー