その他

富士フイルムビジネスイノベーション 「Esker AP」の引き合い倍増に手応え デジタル保存の需要拡大の波に乗る

2022/04/21 09:00

週刊BCN 2022年04月18日vol.1919掲載

 富士フイルムビジネスイノベーション(富士フイルムBI)は、請求書の支払い業務を支援するSaaS型ソフト「Esker on Demand AP(Esker AP)」の販売に力を入れる。PDFやメールなど電子的に受け取った請求書のデジタル保存を義務化する期限が2023年12月末に迫るなか、「請求書の処理や電子保存をスムーズに行いたいとする企業ユーザーの需要が拡大している」(古薗裕記・ビジネスプラットフォーム事業推進グループアカウンティングサービスグループ長)として、Esker APの販売機会が増えると見ている。
 
古薗裕記グループ長(左)と浅井康起氏

 Esker on Demandシリーズは仏エスカーの製品で、富士フイルムBIでは請求書の支払い業務を支援するEsker AP製品を19年から国内向けに販売している。デジタル保存の需要が拡大していることを受けて、「Esker APの国内販売を始めてから3年分の累計引き合い件数の2倍の件数を、向こう3年で見込んでいる」(同)と手応えを感じている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

富士フイルムビジネスイノベーション DocuWorksブラウザー版を投入 共同作業のワークスペースとして活用

富士フイルムビジネスイノベーション、4月1日付で浜直樹氏が新社長に

富士フイルムビジネスイノベーション ERP連携の第1弾をスタート 「DocuWorks」のハブ機能を強化

外部リンク

富士フイルムビジネスイノベーション=https://www.fujifilm.com/fb/