その他

弥生 「証憑管理」をデジタル化促進の中核に インボイス制度などに向け開発に注力

2022/07/07 09:00

週刊BCN 2022年07月04日vol.1929掲載

 弥生は6月10日、東京・秋葉原で会計事務所向けイベント「弥生 PAP カンファレンス 2022 春」を開催した。岡本浩一郎社長は、改正電子帳簿保存法とインボイス制度に向けて、「証憑(しょうひょう)管理サービス」を「デジタル化促進の中核」に位置付ける方針を示し、開発に力を入れると説明した。
 
岡本浩一郎 社長

 岡本社長は、改正電帳法とインボイス制度の関連性について「証憑を扱うという意味で共通点は多い」と説明。紙の証憑などをデジタルデータとして送付・受領・保存し、後の業務を自動化できる証憑管理サービスの機能を段階的に拡張して電子インボイスへの対応を進めるとした。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

【2022年 新春インタビュー】 弥生 問題提起したことへの解を提供する

弥生、オリックスからKKRへ株主変更

資金調達の悩みをワンストップで支援、弥生が「資金調達ナビ」を提供

外部リンク

弥生=https://www.yayoi-kk.co.jp

おすすめ記事