その他

テルウェル東日本、スマート店舗システムに参入 小規模店舗ターゲットに「SMARTORE」を販売

2022/08/01 12:15

 NTT東日本グループのテルウェル東日本は、スマート店舗システムの領域に参入した。新しいソリューション「SMARTORE(スマートア)」の販売を7月に開始し、大型小売店舗や大手チェーン店に比べてスマート化が遅れている小規模店舗を対象に営業活動を展開している。山本和也・常務取締役は「SMARTOREの活用で販売機会を増やしたり、人件費を削減したりして利益を増やせる」と話す。
 
テルウェル東日本の山本和也・常務取締役

 SMARTOREは、小売店舗のスマートフォン決済や販売予測、電子値札などのシステムをひとまとめにしているのが特徴。同社は店舗の省人・無人化とデータドリブン経営を支援し、店舗開設時のプロデュースから構築、運営支援も担う。同社が開発を担ったのは、東日本を中心に多数の拠点を展開していることや、オフィス設計やビル清掃などの設備管理に長けていることが背景にある。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

NTT東日本・NTT西日本の経営戦略 新領域の売上高比率を5割に 農業や健康など地域に根ざした事業を創出

NTT東日本 生き残りをかけた地域ITビジネス 課題に焦点当て事業を拡大

大手SIer決算 22年3月期は軒並み好業績 国内外のIT投資が高水準で推移

外部リンク

テルウェル東日本=https://www.telwel-east.co.jp/

おすすめ記事