その他

【AIとは何か~どうやってつくるのか~・2】データの基礎処理に時間をかけるべき

2022/09/30 11:00


 AIが「識別」「予測」「実行」を行う上でデータが必要だが、では紙しかない場合はどうするのか。よくある話ではあるが、この場合、業務フローを改善してデータをデジタル化する方法を模索しなければならない。地道な業務の整理とデジタル化のための業務プロセスの再設計が必要なのだ。DXを目指す企業が最初に直面する課題といっても良い。では、実際にAIモデルをつくる上で必要と思われるデータが用意できたとして、どうやってAIをつくるのか。

 まず、AIで解決したい課題を設定して、用意できたデータを俯瞰してみると「これはいけるでしょう」とか、「これは難易度が高そうなのでいろいろ試行錯誤が必要でしょう」とか、ざっくりとした感じは分かる。とはいえ、「これだけやれば大丈夫です」ということはプロでも分からない。直観よりも早くできることもあれば、時間がかかることもある。また、理論上はできると考えても、結果的に「できませんでした」ということもあり得るのだ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

【AIとは何か~どうやってつくるのか~・1】得意なこととのギャップを把握すべき

【現状のAIでできること、できないこと・4】ディープラーニングに適したモデル

【現状のAIでできること、できないこと・3】特徴量を見つける

外部リンク

The ROOM4D=https://the-room.company/about/

日本コンピュータシステム販売店協会=https://www.jcssa.or.jp/