国内の需要低迷につれて、日系企業の海外進出が急速に進んでいる。それにつれ、海外拠点のITシステムは、役割の重要性が高まっている。こうした状況に着目した国内のITベンダーは、海外進出企業向けの製品・サービスを投入し、東アジア向けを中心に実績を上げつつある。海外事業の成功が継続的な成長を支えるという構造になっているので、世界共通でガバナンスを利かせることのできるITを安価でしかも迅速に導入する傾向が強まっているからだ。海外進出企業向けの製品・サービスについて取材を行い、このところの傾向を探った。(取材・文/谷畑良胤)