2019年8月23日午後、「Amazon Web Services(AWS)」東京リージョンで大規模な障害が発生した。東京リージョンの一部のアベイラビリティゾーンで「Amazon EC2」などが停止。サービス復旧までには10時間ほどかかり、その間、AWSを利用していた決済サービスやオンラインゲームなどが利用できない状況も発生した。

 今回のAWSの障害を受け、クラウド利用の際のビジネスの継続性について、改めて注目が集まっている。ビジネスの継続性を高めるには、パブリッククラウドが用意している多重化や冗長化の仕組みで可用性を高める工夫がまずは必要だ。加えて、他のパブリッククラウドも活用するマルチクラウドが必要という声もある。近年、マルチクラウドはIT業界の新たなキーワードとなっている。災害対策などのためにも、マルチクラウドの利用は本格化するのだろうか。(取材・文/谷川耕一)