ネットワークアプライアンスを開発・販売するぷらっとホームで、いま、DHCP/DNS/Proxyなどのネットワークサービスを簡単に導入できる専用アプライアンス「EasyBlocks」シリーズの販売が大きく伸びている。ネットワークアプライアンスは、セキュリティや負荷分散など、多くの機能を搭載しているのが一般的で、本社と支社・支店をつなぐ従来型のネットワークで効果を発揮する。ところが、クラウド基盤を構築する際の要件となる多拠点展開や、需要に応じて柔軟に拡大・縮小できる機動的なネットワークへの対応を考慮していないケースが多い。このため、必要十分な機能を備えながら、低コストで導入できる「EasyBlocks」が注目されているのだ。鈴木友康社長は、「クラウド基盤を構築するために検証目的で購入していた企業が、本格的な導入に踏み切っているのだろう」と分析。「EasyBlocks」を強化するリモート管理ソリューション「AirManage」の提供を開始する。

代表取締役社長
鈴木友康 氏
 クラウドの利用が拡大するにつれ、ネットワークアプライアンスの管理・運用上の課題が明確になりつつある。その一つが、管理体制だ。クラウド環境では、DHCPやDNSなど、基本的なサービスの操作や設定がネットワーク全体に影響するので、管理者にはこれまで以上に高度な知識・技術が要求される。にもかかわらず、すべての拠点に管理者を配置できる企業は限られ、オンサイトでの作業が困難になっている企業は少なくない。

 こうした状況を受けて、リモート管理ソリューション「AirManage」では、多拠点・多地点の一括操作やスケジュールによる設定の変更、状態監視などの機能を提供する。「SIer様向けの機能としてゼロコンフィグにも対応する。これまで『EasyBlocks』を設置する際はオンサイトでの環境設定が必要だったが、リモート管理ソリューションでは、設置後、電源を入れるだけで自動的に環境設定を実行する」と鈴木社長は強調する。

 クラウド時代の本格的な到来によって、「EasyBlocks」を強化する「AirManage」を市場に投入するぷらっとホーム。IT業界から熱い目が注がれるのは必至だ。