迅速に経営判断を下すために、堅牢なERPを短期間で導入したいと考えるユーザー企業は多い。こうしたニーズに応えるため、SCSK株式会社(SCSK)は、ERPパッケージ「ProActive E2」のアプライアンス化を検討。日本電気株式会社(NEC)の垂直統合製品「Application Platform for Partners(AP for Partners)」に「ProActive E2」を組み込んだアプライアンスモデルを発売した。導入期間を劇的に短縮できるほか、導入費用の削減にも貢献するこのモデルは、ユーザーにとっては導入しやすく、SIerにとっては売りやすい商品になった。SCSKが複数のサーバーメーカーのなかからNECをパートナーに選んだのは、18年連続でトップシェアを獲り続ける実績とブランド、品質の高さ、そしてSCSKに対する手厚い支援と熱意にあった。

【Partner Business Case Study】vol.1 ERPとの融合 SCSK株式会社

●4900社に導入した国産ERP アプライアンス化を検討

SCSK株式会社
日置 茂
産業システム事業部門
ProActive事業本部長補佐
ソリューションコンサルティング部長
 住商情報システムとCSKが2011年10月に合併して誕生したSCSKは、国内有数の大手SIerとして、さまざまな業種の企業や団体のIT基盤を支えている。システムの企画・構築から運用、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)まで、あらゆる要望にワンストップで応えることのできるビジネス基盤が整う。また、経済産業省の「ダイバーシティ経営企業100選」に選定され、働きやすい企業としても注目されている。

 さまざまなIT製品・サービスを扱うSCSKのなかでも、有力な製品が自社開発のERP「ProActive E2」だ。会計や人事・給与から、販売・資産・生産管理、人材マネジメントまで、ユーザーの基幹業務を全面支援する。国産初のERPとして20年を超える歴史があり、これまで4900社(210グループ)に導入した実績がある。環境の変化にすばやく対応し、“永く”使える「超寿命ERP」として高く評価されている。

 SCSKが「ProActive E2」をさらに拡販するために強化ポイントに置いていたのが、スピードとシステムの品質確保だった。堅牢な基幹業務システムを短期間で構築したいというユーザーが増えているからだ。「すでに多くの企業がERPパッケージを導入しているが、現行のERPに不満を抱き、リプレースを検討している企業も少なくない。それらの企業が新たなERPを検討する際に、強く求めるのがビジネスにタイムラグを生じさせない導入スピードであることが多い。しかも、従来以上に、安価にシステム構築することも条件」と、SCSKの日置茂・ProActive事業本部長補佐ソリューションコンサルティング部長は解説する。こうしたニーズに応えるために、SCSKが着眼したのが「ProActive E2」のアプライアンス化だった。


●実績・ブランドと品質 熱意がNECを選択した理由

SCSK株式会社
五月女雅一
産業システム事業部門
ProActive事業本部
ソリューションコンサルティング部
ビジネス推進第二課長
 「ProActive E2」アプライアンス化の検討を2013年8月に開始し、複数の大手サーバーメーカー製品のなかから選んだのが、NECの垂直統合製品「Application Platform for Partners(AP for Partners)」だった。

 NECのx86サーバー「Express5800シリーズ」は、国内市場で18年連続シェアNo.1※という実績と強いブランド力をもつ。それに、先端技術を迅速に取り入れる開発体制、品質の高さ、手厚いサポートサービスが加わる。これらを総合的に評価して、SCSKは協業先にNECを選んだのだ。

 「NECから協業の提案を受ける前にも、実は複数の大手サーバーメーカーからアプローチされていた。だが、NECは弊社との協業の意義を熱く語り、具体的なパートナー制度を最初から用意するなど、とても強い熱意を感じた。ビジネスは、最終的には人と人。制度内容も充実していたが、『ともにビジネスを推進していこう』という気持ちが伝わってきたことも決め手」と、五月女雅一・ProActive事業本部ソリューションコンサルティング部ビジネス推進第二課長は振り返る。

●垂直統合製品「AP for Partners」と融合 品質の確保と短期間導入を両立

 NECの「AP for Partners」は、パートナーのパッケージ製品のプラットフォームとしてOSやミドルウェア、各種のハードウェアを最適に組み合わせて、提供する垂直統合製品。今回のアプライアンスでは、あらかじめ動作検証済みの「ProActive E2」をNECのプラットフォームに組み込み、NECの工場から出荷するといったように、常に安定した品質での稼働環境を提供することができる。

 こうしたことの価値は非常に高い。導入期間を短縮することができ、導入費用も抑えられる。日置氏は、「事前評価済みで都度検証の必要がない安心感と品質は、今回のアプライアンスならではの大きな強み。『ProActive E2』の販売パートナーにとっては、ユーザーの環境に合わせた設定作業をするだけなので導入期間が短く、稼働後にトラブルが発生するリスクも抑えたかたちで、安心して販売できる」と話している。

 五月女氏は具体的な効果として、「従来型のSIでは導入に3日かかるプロジェクトを、3時間に短縮できる。機器の調達や検証業務まで含めると10日が1日になる感覚。また、500万円から(「ProActive」シリーズの給与または財務会計を導入する場合)というリーズナブルな価格を実現できた」と自信を示している。

 ERPは基幹業務に広く関わるので、導入やリプレースで多くの部署が関係し、大がかりなプロジェクトになる傾向がある。しかし、「このアプライアンスモデルなら情報システム部門の負担が少なく、ユーザーの手間もかからない。事前検証済みなので、テストの段階で急きょ修正が必要になるようなこともない」と、五月女氏は続けてメリットを強調する。

●NECとの協業によってチャネル事業拡大に期待

 今回のアプライアンスは発売して間もないが、すでに複数の販売パートナーから問い合わせがあるという。「3年間で300社への販売を目指しているなかで、現在の『ProActive E2』のユーザーの80%は直販で獲得したが、今後は30~40%をパートナー経由の販売にしたい。今回のアプライアンスは、これまでにない販売パートナーと協業するきっかけづくりになり、大きな武器になる」と、日置氏は意欲をみせる。

 SCSKは、中堅・中小企業(SMB)をターゲットに「ProActive」のクラウド版(SaaS)として「ProActive for SaaS」を提供している。ユーザーの要件に応じて「Premiumモデル」と「Standardモデル」の2種類を用意し、「Standard」は「Premium」の半分の月額利用料に設定している。「『ProActive E2』は、大企業での導入が伸びている一方で、ユーザーの約70%は年商500億円以下のSMBが占める。この層に向けて、アプライアンスモデルと『ProActive for SaaS』の2本立てで拡販を進める」(日置氏)。

 日置氏は、「今後はクラウドの領域でもNECとの連携を検討していく」と話しており、NECとの協業によるアプライアンスの発売に成果を実感し、アライアンスの範囲をさらに広げる考えを示している。


SCSKが高く評価した「Application Platform for Partners」の価値

 「AP for Partners」は、OSやミドルウェア、ハードウェアを組み合わせ、最適化して提供する垂直統合製品「NEC Solution Platforms」の一つで、NECのパートナーが自社ソリューションと組み合わせやすいように設計されている。NECの工場で、NECのハードウェアとソフトウェアだけでなく、事前検証済みのパートナーのソフトウェアも組み込んで出荷するので、パートナーの出荷前の作業とユーザーへのSI工数を大幅に削減できる効果がある。

 大手SIerのSCSKが、ERPというミッションクリティカルシステムのアプライアンス化を決め、その基盤として「AP for Partners」を選択したのは、新たなユーザーを獲得するために垂直統合製品との融合が有効であること、「AP for Partners」の品質と導入期間の削減効果が高いこと、そして売りやすいプラットフォームであることを証明したといえる。

 NECの内山祐樹・プラットフォームビジネス本部プラットフォーム市場開拓グループマネージャーは、「ERPに関してだけではないが、システムをオンプレミス型で動かし続けるか、クラウドに移行するか、悩んでいるユーザーも多い。そのなかで、垂直統合製品は両者のメリットを組み合わせた新たな選択肢になるはず」と、垂直統合製品の価値に自信を示し、今後も力を入れていく考えだ。


「Application Platform for Partners」に関するお問い合わせ先
NEC プラットフォームビジネス本部
TEL:03-3798-7340 URL:http://jpn.nec.com/slpf/product/app/
「ProActive E2」
URL:http://proactive.jp/