住商情報システム(SCS、中井戸信英会長兼社長)は、自社開発のERPパッケージ「ProActive E2」の販売・購買在庫管理システムの機能強化版を6月21日に発売した。

 新版では、貿易管理に関する機能を拡充。三国間取り引きをはじめとする多様な輸出入の取り引きまでをカバーし、輸出取り引きの受注から船積み、売り上げや、輸入取り引きの発注から荷捌、仕入れ計上までを一元管理できる。また、三国間貿易や複合一貫輸送など、多様な貿易形態にも対応できる機能を標準搭載した。

 さらに、直送取り引きによる販売の業務効率を向上させるため、受注・発注を同時に入力できる機能を提供。この機能によって、商社をはじめとする直送取り引きの多い顧客でのシステム入力負荷を軽減する。このほか、組織改正の統廃合時、廃止部門の受注残や発注残データの移管機能を強化している。同社は、発売から3年間で100社への販売を目標にしている。