NEC(遠藤信博社長)は、5月16日、店舗やオフィスでの設置に最適なコンパクトなタワー型とラック型の「iStorage NSシリーズ」NAS製品2機種を発売した。

タワー型の「iStorage NS300Te」

 タワー型「iStorage NS300Te」は、きょう体を一新し、新たなマザーボート設計で従来機と比較してきょう体容積を43%、設置面積を31%削減した。ディスクの二重化、オプションでの電源の冗長化に対応し、重要な顧客情報や販売データなどをもつ店舗やオフィスで、コンパクト設計を生かし、机の下など目立たない場所などに設置できる。防塵フィルタオプションも選択できるので、ホコリが発生する場所でも安心して利用できる。

 HDDの容量を、タワー型「iStorage NS300Te」は従来機比2倍の最大16TB、ラック型「iStorage NS500Re」は従来機比約1.3倍の最大24TBに向上。「iStorage NS300Te」は、CPUに最新のインテルPentium プロセッサー G3220を採用し、新しいマザーボード、Windows Server 2012 R2を搭載することで、従来モデルから読込み/書込みの処理性能を最大44%向上した。「iStorage NS500Re」は、CPUに最新のインテルXeon E5-2430v2を採用し、バックアップにかかる時間を従来機比で最大21%短縮している。

 税別価格は、「iStorage NS300Te」が42万8000円から、「iStorage NS500Re」が75万8000円から。