EDI(電子データ交換)のインフラを改善するニーズが高まっている。ユーザー企業が電話回線を使っている従来型のシステムからインターネットEDIへと移行。EDIビジネスを手掛けるベンダーにとっては商機がつかめる可能性を秘めていることから、自社製品を強化して拡販を図ろうとしている。また、ベンダーがパートナーシップを組み、それぞれが提供している製品を連携させる動きも活発になっている。

■詳しい記事はこちら

キヤノンITソリューションズ EDI移行を促進する商材を手厚く既存システムの手直しを最小限に抑える