社内システムの容易な管理、所有や運用にかかる負担の軽減に寄与するとして定着しているサーバーの仮想化。物理サーバーの集約が可能であるため、設置場所をまとめると共に省スペースを実現できるほか、リソースの有効活用、新しいサーバーの迅速な展開が可能、BCP対策などというメリットもある。仮想マシンを多く動かしたいのであれば、1台当たりのコア数が多いサーバーが効率化につながりそうだ。そこで、この特集ではメーカーやSIerなどが仮想化ソリューションを提供する上で、パフォーマンス向上やTCO削減にもつながる最適なサーバーCPUを紹介する。

詳しい記事はこちら

日本AMD 第2世代サーバーCPU 「AMD EPYC 7002 Series」の魅力 仮想化パフォーマンスを向上しTCO削減にも大きな効果