SpecialIssue

アイレット AWS基盤をセキュアに構築・運用管理できる クラウド型マネージドサービスプロバイダー

2021/07/29 09:00

週刊BCN 2021年07月26日vol.1884掲載


 アイレットのセッションでは、Rackspace事業部事業部長の西田淳氏が「セキュアで最適化されたAWS基盤の構築・運用に向けたクラウドマネージドサービスの活用」と題して講演した。

アイレット
Rackspace事業部 事業部長
西田淳 氏

 企業にとってのクラウドの利点は、ハードウェアなどの物理的制約を受けることなく、新規サービスを素早く立ち上げられることにある。ただ、その一方で、セキュリティ対策の仕方を見直さなければならないことも事実だ。西田氏は、「ファイアウォールなどを使う境界型セキュリティから、クラウドのための新しいモデルに移行する必要がある」と指摘。そのためには、企業内リソースだけで解決しようとするのではなく、アイレットのようなマネージドサービスプロバイダー(MSP)を利用した方がいいと勧める。

 Rackspace事業部のサービス群で、Amazon Web Services(AWS)を使う企業に最適なのは、米Rackspace Technologyの「Rackspace Service Blocks for AWS」だ。

 「基本サポート」には、AWSアカウントとユーザーアクセス権の管理、専門家によるサポート、稼働状況の可視化などの機能が含まれる。サポートは日本語対応で、サービス時間が24時間×365日。高度な質問は、付加料金なしでAWS Enterprise Supportにエスカレーションしてもらえる。リソースのコストや使用状況の可視化ツールにはCloudHealth by VMwareが採用されていて、AWS基盤の状態をグラフなどで見やすく表示。クラウド利用で発生しているクラウド費用もあわせて表示されるので、“使いすぎによる予算超過”も防げるはずだ。

 このほか、Rackspace Service Blocks for AWSには「設計・構築」と「運用・管理」の2種類のサービスも用意されている。「設計・構築」では、アイレットのソリューションアーキテクトとビルドエンジニアがパブリッククラウド用のサービスを設計・構築・導入。Infrastructure as Code(IaC)手法のため、システム環境の変化への追随も容易だ。「運用・管理」では、クラウド環境とOSに対する24時間×365日体制の運用管理サービスを提供。高いセキュリティを必要とする
企業向けには「Cloud Native Security for AWS」というサービスもある。これは自社で構築するのが困難なSecurity Operations Center (SOC)を、サービスとして使える。

 「サービス提供元の米Rackspace Technologyは、AWS Security Hub初のMSPとして認定されている」と、西田氏。国内外の事例も多く、安心して利用してもらえるMSPだとアピールした。
  • 1

関連記事

KDDIとアイレット Rackspace事業を国内で開始 まずはAWSのマネージドサービスから

“らしさ”を失わず、トップベンダーになる

外部リンク

アイレット=https://rackspace.jp/