BCNがこのほど実施した法人向け「Webフィルタリングソフトに関する調査」で、継続利用率No.1に輝いたアルプス システム インテグレーション(ALSI)製品。営業対応やサポート品質における満足度においても、「対応の迅速さ」「対応の柔軟さ」「サポート品質・サポートの好感度」で満足度No.1を獲得するなど、ユーザーの強い支持を集めている。調査結果からうかがえるALSI製品にユーザーが惹かれる理由、そして機能の優位性について検証してみた。

他社から乗り換えたユーザーが利用し続ける、ALSI製品の魅力

 日々、巧妙化し、悪質性を増しているサイバー攻撃。こうした攻撃や従業員の内部不正に対応すべくさまざまなセキュリティ製品があるが、Web脅威対策はメールと並ぶ最重要対策に位置付けられる。そのWeb脅威対策を担うWebフィルタリング製品において、継続利用率No.1を獲得したのがALSIだ。

 同社は、Webフィルタリング市場において18年連続シェアNo.1を誇り、業種業態、企業規模問わず幅広いユーザーに採用されている。

 今回の調査結果において、ALSI製品のユーザーは、他社製品を利用していたことが「ある」と答えた比率が最も高い。言い換えれば、不満をもったユーザーが他の製品を比較検討した結果ALSI製品に乗り換え、機能やサポートへの満足から利用を継続しているということだ。

 ではまず、機能面からその魅力を探っていこう。

国内最高水準のフィルタリング精度とWeb脅威対策

 同社は、オンプレミス型の「InterSafe WebFilter」やクラウド型の「IntereSafe GatewayConnection」など、ユーザーの利用形態にあわせて複数のWebフィルタリングソリューションを提供している。共通する機能面の強みは、国内最高水準のフィルタリング精度にある。URLデータベースは業界最大級の148カテゴリ、登録コンテンツ50億以上を有し、Webアクセス網羅率99%以上を実現している。これにより、Webアクセス時の脅威を極小化するとともに、きめ細かな制御・管理が可能となる。なお、ALSIのURLデータベースは、国内大手携帯キャリアをはじめ、1500万端末以上に導入実績がある。Yahoo!きっずの画像検索機能にもALSIのフィルタリングサービスが採用されている。

 最新のWeb脅威に対応するため、Webフィルタリング製品として必要・十分な機能は全て標準機能で提供していることも、ユーザー満足度につながっている。そして、契約期間中は無償でバージョンアップができるため、余計なコストや追加投資が不要だ。

 他社製品ではオプション扱いが多いグローバルデータベース、他の標的型攻撃対策製品との脅威情報連携機能、SSL可視化機能も標準搭載する。SSLの可視化は、WebサイトのHTTPS化(SSL化)が進む一方で、暗号化された通信は復号しないとセキュリティチェックができないという仕組みを悪用したサイバー攻撃への対策に不可欠な機能。同社のSSL可視化機能は、こうした攻撃への対処はもちろん、復号処理の高速化でパフォーマンスを損なわずにSSL通信を監査できる。また、Webサービスの利用をアカウント単位で制御できるため、個人アカウントを利用したシャドーITへの対策としても有効だ。
 
高精度なWebフィルタリングを実現するURLデータベース

テレワークやGIGAスクールの現場運用を円滑にする管理機能

 海外製品との比較では、日本語サイトへの強み、日本語の管理画面、細かな制御なども高く評価されているようだ。

 また、テレワークの増加で、自宅や外出先など管理者の目が届かない場所での端末利用をいかに管理するかが課題となっている。ALSI製品は、グループや時間帯によってフィルタリングルールを柔軟に設定するなどして、役職や業務に合う適切な管理が容易にできる。こうした細かな制御は、「GIGAスクール構想」で配備された1人1台端末においても有効だ。生徒が端末を自宅に持ち帰って利用するケースも多くなっているが、時間帯別のアクセス設定に加えて、YouTube動画のチャンネル単位の視聴制御があることで、教職員および保護者からの評価につながっている。なお同社のフィルタリング製品は日本PTA全国協議会推薦製品であり、クラウド型のInterSafe GatewayConnectionは「第15回 ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2021」の支援業務系ASP・SaaS部門で、総合グランプリを受賞している。

導入から運用まで、営業・エンジニアが手厚くサポート

 一方、サポート面でのALSI製品の強みだが、調査結果では営業対応やサポート品質における満足度において、対応の迅速さ、対応の柔軟さ、サポートの好感度において満足度No.1を獲得している。

 ALSIのサポート窓口は、一般的なコールセンターとは異なり、エンジニアが直接サポートしているため、細かな技術的な問い合わせにも迅速に回答を得ることができる。ALSIは緊急時の対応スピードでも満足度1位を獲得しており、直接サポートがユーザーの安心感につながっているといえる。

 もう一つ、ALSI製品が強みとするのが無償の導入支援サービスだ。

 ALSIでは、ユーザーの円滑な本番稼働をサポートするため、InterSafe GatewayConnection において100ライセンス以上の契約ユーザーに向けて、初期設定を支援する導入支援サービスを提供している。サービス費用は無償で、専任のALSI技術者が担当してヒアリングと初期設定を代行。本稼働までしっかりとサポートしてくれる。すでに、400を越える案件でサービスを提供しており、実績も豊富だ。

 なお、InterSafe WebFilterでは他社製品から乗り換える場合には優待価格による提供が受けられるので、検討してみてはいかがだろうか。
 
InterSafe GatewayConnectionの導入支援サービス 利用イメージ