ソフォスは、英国発祥の世界的なセキュリティソリューションベンダーでありながら、B2Bに特化したビジネスモデルということもあって、競合に比べると日本市場では地味な存在だったといえるだろう。しかし、グローバルで「チャネルファースト」の方針が掲げられ、時を同じくして日本法人の社長に纐纈昌嗣氏が就任すると、雰囲気はがらりと変わった。外資系ベンダーでチャネル開拓請負人として実績を上げてきた新社長は、そのノウハウと人脈を生かし、販路拡大に向けた取り組みを積極的に展開。すでにアクセル全開だ。