クリエイター向けのソフトウェアで圧倒的なシェアを誇る米アドビ システムズの日本法人社長に、日本マイクロソフトのCMO(最高マーケティング責任者)を務めた佐分利ユージン氏が就任した。エンタープライズITのビジネスに精通した生粋のマーケッターである佐分利氏が、クライアントソフトメーカーというイメージが強いアドビ システムズ(アドビ)の経営者に就いたのはなぜか。キーワードは「デジタルマーケティング」だ。アドビの新たな主力事業を日本に根づかせるべく、船頭の職を果たす佐分利社長の視線の先は──。